EU|None「欧州議会と理事会の規則(EU)No 528/2012の第55条(1)に基づき、殺生物剤「Clinisept + Skin Disinfectant」の市販と使用を許可する英国安全衛生庁の措置の延長に関する2022年1月31日付欧州委員会実施決定(EU)2022/155(文書C(2022)457で通知)(英文のみが正本です)」を公示

(注:本情報はAI翻訳で生成されております。概要把握・把握時間短縮などにご活用いただき、正確な内容は必ず原文をご参照ください。)


(1)
2021年5月5日、北アイルランド安全衛生庁を代行する英国安全衛生庁(以下、英国所轄庁)は、Regulation (EU) No 528/2012のArticle 55(1), first subparagraphに基づき、2021年11月1日まで殺生物剤「クリニセップ+皮膚消毒剤」の市販と使用を許可する決定を採択した(以下、本措置)。英国の主務官庁は、同規則の第55条(1)第2段落に従い、欧州委員会および加盟国の主務官庁に、当該措置およびその正当性を通知した。
(2)
英国の所轄官庁から提供された情報によると、当該措置は公衆衛生を守るために必要であった。2020年3月11日、世界保健機関(WHO)は、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生が今後、パンデミックとして特徴づけられる可能性があると宣言した。英国政府は、英国に対するリスクを「高」と宣言し、2020年3月23日に制限措置が発動されました。アルコールベースの手指消毒剤の使用は、石鹸と水での手洗いに代わるCOVID-19の蔓延防止策としてWHOが推奨しています。
(3)
クリニセップ+皮膚消毒剤」は、次亜塩素酸ナトリウムから放出される活性塩素を有効成分としています。次亜塩素酸ナトリウムから放出される活性塩素は、Regulation (EU) No 528/2012のAnnex Vで定義されている製品タイプ1、すなわち「人体衛生」の殺生物剤への使用が承認されています。
(4)
COVID-19が発生して以来、英国では手指消毒剤の需要が極めて高く、そのため空前の供給不足に陥っていました。今回の措置に先立ち、英国で規則(EU) No 528/2012に基づいて認可された手指消毒剤は非常に少ないものでした。COVID-19は、英国の公衆衛生に対する深刻な脅威であり、追加のハ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・・・以上は新着情報の冒頭の一部となります。
詳細な情報は原文を参照ください。
Commission Implementing Decision (EU) 2022/155 of 31 January 2022 concerning the extension of the action taken by the Health and Safety Executive of the United Kingdom permitting the making available on the market and use of the biocidal product Clinisept + Skin Disinfectant in accordance with Article 55(1) of Regulation (EU) No 528/2012 of the European Parliament and of the Council (notified under document C(2022)457) (Only the English text is authentic)
または個別調査依頼も承ります。

調査の相談をする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました