EU|None「マリの状況を考慮した制限的措置に関する規則(EU)2017/1770の第12条(2)を実施する2022年2月4日の理事会実施規則(EU)2022/156」を公示

(注:本情報はAI翻訳で生成されております。概要把握・把握時間短縮などにご活用いただき、正確な内容は必ず原文をご参照ください。)


(1)
2017年9月28日、理事会は規則(EU)2017/1770を採択しました。
(2)
2021年12月13日、理事会は、マリの平和、安全、安定を脅かしたり、マリの政治的移行の成功を妨害または阻害したりした責任のある個人および団体に対する制限的措置を可能にする新たな枠組みを確立した決定(CFSP)2021/2208(2)に効果を与えるため、規則(EU)2021/2201を採択した。
(3)
西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)の2020年9月15日の会合で決定され、移行憲章に規定されているように、マリの移行当局は、18カ月の移行期間内に政治的移行と選挙で選ばれた文民当局への権力の引き渡しを実現することになっていました。その期間内に、2022年2月27日に予定されている自由で公正な大統領選挙および立法府選挙を実施するとともに、必要に応じて地域選挙、地方選挙、憲法制定のための国民投票を実施することになっていました。
(4)
2022年1月8日、マリの移行当局はECOWAS当局に対し、2025年12月末までに大統領選挙を実施するという新たなスケジュールを提出しました。これにより、移行期間は合計5年半に延長されましたが、これは2020年9月15日にECOWASと合意した内容や移行憲章の約束に反するものです。ECOWAS当局は、2020年9月15日のECOWAS当局との合意や移行憲章の約束に反して、マリの移行当局が2022年2月27日までに大統領選挙の実施に必要な手順を踏まなかったことを残念に思います。ECOWAS当局は、ECOWASおよびすべての地域的・国際的パートナーが大統領選挙を支援する意思を持っていたにもかかわらず、移行当局の政治的意思が明らかに欠如していたため、選挙の準備において具体的な進展が見られなかったことを深く非難しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・・・以上は新着情報の冒頭の一部となります。
詳細な情報は原文を参照ください。
Council Implementing Regulation (EU) 2022/156 of 4 February 2022 implementing Article 12(2) of Regulation (EU) 2017/1770 concerning restrictive measures in view of the situation in Mali
または個別調査依頼も承ります。

調査の相談をする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました