EU|2022   年2月4日「アフガニスタンの状況に鑑み、特定の個人、グループ、企業および団体に対する制限的措置に関する規則(EU) No 753/2011を改正する2022年2月3日付理事会規則(EU) 2022/148」を公示

(注:本情報はAI翻訳で生成されております。概要把握・把握時間短縮などにご活用いただき、正確な内容は必ず原文をご参照ください。)


(1)
理事会規則(EU) No 753/2011 (2)は、国連の枠組みの中で採用された制限的措置に効力を与えるものである。
(2)
2021年12月22日、国連安全保障理事会は決議2615(2021)(UNSCR2615(2021))を採択した。同決議では、アフガニスタンにおける人道支援および基本的な人間のニーズを支援するその他の活動について、制限措置に新たな免除を導入することが注目されている。
(3)
2022年2月3日、理事会は、UNSCR2615(2021)に従い、決定2011/486/CFSPを修正する決定(CFSP)2022/153(3)を採択した。
(4)
これらの改正は条約の範囲内であるため、それらを実施するためには、特に全加盟国での均一な適用を確保する観点から、EUレベルでの規制措置が必要である。
(5)
したがって、規則(EU) No 753/2011は適宜改正されるべきである。
はこの規則を採択した。
第1条
規則(EU) No 753/2011の第3条に、以下の段落を追加する。
‘4. 第1項および第2項は、アフガニスタンにおける人道的支援および基本的な人間のニーズを支援するその他の活動のタイムリーな提供を確実にするため、または当該活動を支援するために必要な資金または経済的資源の利用可能化には適用されない』。
第2条
この規則は、欧州連合の官報に掲載された日の翌日に発効する。
この規則は、その全体が拘束力を持ち、すべての加盟国において直接適用されるものとする。
2022年2月3日、ブリュッセルにて制定。
理事会の場合
大統領
J.-Y.LE DRIAN
(1) OJ L 199, 2.8.2011, p. 57.
(2) アフガニスタンの状況に鑑み、特定の個人、グループ、企業および団体に対する制限的措置に関する2011年8月1日付の理事会規則(EU) No 753/2011 (OJ L 199, 2.8.2011, p. 1).
(3) 特定の個人、グループに対する制限措置に関する決定2011/486/CFSPを修正する2022年2月3日の理事会決定(CFSP)2022/153。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・・・以上は新着情報の冒頭の一部となります。
詳細な情報は原文を参照ください。
Council Regulation (EU) 2022/148 of 3 February 2022 amending Regulation (EU) No 753/2011 concerning restrictive measures directed against certain individuals, groups, undertakings and entities in view of the situation in Afghanistan
または個別調査依頼も承ります。

調査の相談をする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました